桶田 敦(おけた あつし) Atsushi Oketa
大妻女子大学文学部コミュニケーション文化学科教授

元TBS報道局解説委員。災害報道を専門とし、東日本大震災後にテレビユー福島で原発事故報道に携わったのち、現在は大妻女子大学でテレビを中心にしたメディア論などを教えている。「原発避難家族の挑戦」で2019年度日本民間放送連盟報道部門優秀賞受賞。著書に『4つの「原発事故調」を比較・検証する』(共著)、『災禍をめぐる「記録」と「語り」』(共著)などがある。ギャラクシー賞テレビ部門委員。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT