川上 量生(かわかみ のぶお) Nobuo Kawakami
カドカワ 社長

1968年愛媛県生まれ。株式会社ドワンゴ取締役CTO、学校法人角川ドワンゴ学園理事。京都大学工学部を卒業後、コンピュータの知識を生かしてソフトウエアの専門商社に入社。1997年、PC通信用の対戦ゲームを開発する会社としてドワンゴを設立。2014年に株式会社KADOKAWAと経営統合し、株式会社KADOKAWA・DWANGO(現カドカワ)代表取締役に就任。2006年よりウェブサービス「niconico」運営に携わるほか、現在は人工知能、教育事業などのIT先端技術関連の新規事業開発にも注力している。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT