山田 悠史
山田 悠史(やまだ ゆうじ)
米国内科専門医

慶應義塾大学医学部を卒業後、日本全国各地の病院の総合内科・診療科で勤務。2015年からは米国ニューヨークのマウントサイナイ大学関連病院の内科で勤務し、米国内科専門医を取得。現在は埼玉医科大学総合診療内科に所属。国内では全国の総合内科医の教育団体JHospitalist Network世話人、米国内科学会日本支部の委員等として、国外ではカンボジアでAPSARA総合診療医学会の常務理事として活動を行なっている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。