外山 滋比古(とやま しげひこ) Shigehiko Toyama
お茶の水女子大学名誉教授

1923(大正12)年愛知県生まれ。英文学者、文学博士、評論家、エッセイスト。東京文理科大学(筑波大学の前身)英文学科卒業後、同大学特別研修生修了。1951(昭和26)年より、雑誌「英語青年」(現・web英語青年)編集長となる。その後、東京教育大学(現、筑波大学)助教授、お茶の水女子大学教授を務め、1989(平成元)年、同大名誉教授。専門の英文学に始まり、思考、日本語論の分野で活躍を続ける。「東大・京大で一番読まれた本」として話題となった『思考の整理学』をはじめ、『「読み」の整理学』『ライフワークの思想』『ちょっとした勉強のコツ』など著書多数。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。