「未婚と既婚」に立ちはだかる「3.68人の壁」の正体

結局、何人と付き合えば結婚までできるのか?

では、既婚男女は結婚に至るまでどれくらいの恋愛人数を経てきたのでしょうか。ご夫婦でも、相手が今まで何人と付き合ってきたかをご存じの方は少ないと思います。

そもそもそんな質問をしたら「なんでそんなことを聞くの?」と勘繰られ、質問に答えようが拒否しようが、結局面倒くさい場面しか生まれない予感がします。仮に、そういう話をオープンに言い合える関係性だったとしても、それが真実かどうかは確かめようがありません。

1都3県20~50代の未既婚男女約1万5000人に対して行った調査に基づき、未婚と既婚のそれぞれ年代別に今まで付き合ってきた人数(恋愛人数)の平均値を出してみました。それによれば、ある法則が浮かびあがってきます。それは、未婚と既婚とを分ける「3.68人の壁」です。

グラフにあるとおり、未婚男女の平均恋愛人数は、性別年代によって多少のばらつきはありますが、50代未婚女性以外はすべて3.68人以下です。一方、既婚男女はほぼすべて3.68人以上の恋愛人数となっています。

「36.8%の法則」とは?

これは、数学者マーチン・ガードナー氏などの研究者が提唱している「36.8%の法則」と呼ばれるものです。

例えば、結婚相手を探すにあたって10人の相手とお見合いする機会があったとします。しかし、10人を横並びにしてあなたがその中から1人を選択することはできません。実際の恋愛においても、10人同時に付き合うことはできないからです。

1人ずつ順番にお見合いして、あなたはその都度、そのお見合い相手と結婚を決断するか、次の相手に移行するかを選ばないといけません。お見合いを続けていく中で「この人に決めた」という決断をした時点で、残りの候補者とは会うことはできなくなります。

また、最後まで誰も選択しなかった場合は、10人目の相手と自動的に結婚することになります。10人全員を見てから、「やっぱり2番目の人がよかった」というわがままは許されません。

さて、そういうルールで結婚相手を決めなければいけないとしたら、何人目の相手を選択するのがベストな選択なのか、それを数学的に解明したのが、この「36.8%の法則」なのです。

候補者全体の36.8%を超えないうちは、お見合いを続け(候補者が10人のこの場合は3人まで決断しない)、そのあと、「それまで会った3人の中でいちばんよかった人」を基準とします。4人目以降で、その基準を上回る候補者にめぐりあったら、その人こそあなたが選ぶべきベストな相手である確率が最も高いということです。

これは男性に限らす、女性でもそうですし、就職採用などの場合でも同様です。この理論のもともとは「秘書採用問題」として研究されたものです。

次ページ最初の恋愛相手が今の配偶者の人も一定数いる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT