福山雅治ほどの「温厚な人」が怒る3つのスイッチ

週刊誌に「完全スルー」だった姿勢を超えた一線

福山さんはコメントの締めくくりに、「『ちょっともうこれ、一線どころか、ずいぶん超えたところまで来ちゃったな』と思っていて。タブー視したり、暗黙の了解で黙認しているわけでもないし、『スルーすることも違うのかな』と思っているので。『2021年の現在から未来において、変わっていく時期なのかな』と思っています」と語っていました。

子どもの撮影については、何かとメディアが主張する報道の自由や表現の自由は該当せず、むしろ肖像権の侵害。また、福山さんのコメントに賛同する人がほとんどであることから、今後はこういう写真を掲載した媒体を買わなくなる人が増えていくのではないでしょうか。

田村淳も賀来賢人も怒っていた

そもそもスキャンダルでも事件でもない普通の写真を撮り、掲載することは、「取材力のなさを自ら証明する」という意味でメディアにとって恥ずべき行為。需要もそれほどないだけにすぐにやめられるはずです。

その他にも、「取材マナーは記者個人の判断に任せる」「とりあえず撮りに行かせる」「夜討ち朝駆けは当然」「保育園や小学校などにまぎれ込ませる」などの旧態依然とした取材スタンスの編集部は少なくありません。デジタルデータの扱い以前に改善しなければいけない点が多いのです。

今回の件は福山さんだけの問題ではなく、田村淳さんは昨年9月に「家族と居るときに写真や動画を撮るのは本当に勘弁してもらいたい」。賀来賢人さんは今年5月に「盗撮するのは100万歩譲って許します。しかし、もし次、私の子どもを盗撮した記事を例えモザイクをつけたとしても、載せた場合、私は本当に怒ります」とコメントしていました。

週刊誌の多くは大手出版社が発行していることもあってコンプライアンスが問われていますし、もはや「芸能人なら当たり前」「こちらも商売なので」という言い分は通用しないでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT