バフェットはなぜ今頃アマゾンに投資したのか

バークシャー・ハサウェイ総会に行ってみた

インタビューに答える88歳のW・バフェット氏(右)。 人々は株主総会でレジェンドに会うだけでなく、人生も学びに来ている(筆者撮影)
5月の世界的な投資イベント、著名投資家ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイの株主総会が終わった。今年も国際的なアナリストで独立系資産運用アドバイザーの尾藤峰男氏がリポート。総会で出た質問のうち主要な10の質問をとりあげる。(本文中敬称略)

世界中から約4万2000人もの参加者が集まった

筆者は今年もバークシャー・ハサウェイ株主総会(54回目)参加のため、アメリカのネブラスカ州オマハにやってきた。2014年以来、6年連続の参加だ。

開場を待つ人々。世界中から今年も4万2000人が集まった。アリーナに入れるのは1万8000人だ(筆者撮影)

同社のCEOであるウォーレン・バフェットは88歳。パートナーのチャーリー・マンガーは95歳(バークシャー・ハサウェイ副会長)。この2人がアリーナの壇上で5時間以上も株主(筆者もその1人)のために多くの質問に答えてくれるのだ。

今年の参加者は過去最高の約4万2000人(会場に入れるのは1万8000人。もちろん満員だ)。回を追うごとに感じるのは、参加する世界中の人々が遠路はるばる来ていることなどまったく苦にしていないことだ。どの顔も生き生きとして充実感に満ち、会場はいい意味で独特の雰囲気になる。ますます、バフェットとマンガーの投資世界での存在感の高まりを感じる。

バフェット・マンガーをあしらったスーツを着ている親子。熱烈なファンだ(筆者撮影)

今年も会場では子供たちの姿が目立ち、彼らからの質問もいくつかあった(後述)。バフェットとマンガーが真摯に答える姿には本当に感動を覚える。同時に、ここに来ている親が子供に「金融の大切さ」を説く高い意識も感じられる場面でもある。

さらに言えば、この総会は、バークシャーの業績を聞くというより、バフェットやマンガーから「投資の正しいあり方」「自分を高める方法」「人生の歩み方」などを学ぼうとする人たちが多いことも特徴だ。

次ページ今年も「前座」ビデオでは「ありえない光景」が放映
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。