立川市、「1000円の婚姻届」に人気殺到のワケ

北海道から沖縄まで、全国から人が来た!

婚姻届は住所のある市区町村でなくても提出できる。プレミアム婚姻届を使って立川市役所に提出した人のうち、市外の人が占める割合は44%にのぼった(発売した5月から12月末までの間)。結婚を機に立川を訪れてもらう、という市の狙いは、ひとまず成功したといえるだろう。

婚姻届を提出した思い出をインテリアとして飾っておくことができる。アルバムのような作りだ(写真:立川市提供)

最近では、婚姻届に続く新しい取り組みも始まっている。今年1月11日には、結婚証明書や便せん、結婚式の準備の様子などを記録できるアルバムがセットになった「Tama wedding box」を発表した。

結婚式の準備が楽しくなる、をコンセプトに、多摩地区のホテルなどによる多摩ウェディング推進会と福永紙工、立川市が共同で取り組んだものだ。

前述の立川市役所総合政策部の小林氏は「まだまだ若者の人口増加に向けた取り組みを考えている」と明かす。プレミアム婚姻届に加え、立川に若者を呼び寄せるプロジェクトを打ち出せるか。人口流出の阻止に向けて、立川市の奮闘はこれからも続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。