ユニクロ、暖冬直撃で業績予想を下方修正 

春物を早めに投入して対応

9―11月期の売上収益は前年同期比8.5%増の5203億円、営業利益は同16.9%減の759億円と増収減益となった。

国内ユニクロの9―11月期既存店売上高は、前年同期比2.3%減と苦戦した。値上げの効果もあり、客単価は同6.3%増となったものの、同8.1%減となった客数減をカバーしきれなかった。

この結果、9―11月期の国内ユニクロ事業は減収減益となった。国内ユニクロの下振れについて、岡崎CFOは「値上げの影響は限定的だった」との見方を示した。

7日に発表された12月の既存店売上高も11.9%減と2桁のマイナスと苦戦が続いている。9―11月期の売上総利益率は50.8%で前年同期比0.8ポイント悪化、会社計画も下回った。12月についても、値引き販売や在庫処分を進めたため、粗利益率は計画を下回ったという。

9―11月期の海外ユニクロ事業は増収減益だった。香港、台湾、韓国、米国などで減益となった。

欧州は気温低下により既存店売上高が2桁増収となったほか、中国も増収増益となった。中国は景気減速懸念が出ているが「今のところ景気減速の影響を強く受けている実感はない」という。

 

 

(清水律子 編集:田中志保)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT