ユニクロ、暖冬直撃で業績予想を下方修正 

春物を早めに投入して対応

 1月7日、ファーストリテイリングは、2016年8月期の業績予想(IFRS)を下方修正した。世界的な暖冬の影響から、国内外のユニクロで冬物の販売が計画を下回っている。在庫増による値引き販売が利益率を低下させる懸念もある。写真はニューヨークで2014年2月撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[東京 7日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>は7日、2016年8月期(IFRS)の業績予想を下方修正した。世界的な暖冬の影響から、国内外のユニクロで冬物の販売が計画を下回っているほか、在庫処分による値引き販売が利益率を低下させている。

岡崎健・グループ上席執行役CFOは会見で「想定を超える暖冬で、業績への影響はかなり大きかった」と振り返った。暖冬は、日本だけでなく、香港や台湾、韓国、米国でも影響した。春物を早めに投入して対応して行くという。

営業利益は2000億円から1800億円へ

連結売上収益は1兆9000億円から1兆8000億円(前年比7.0%増)、営業利益は2000億円から1800億円(同9.4%増)へとそれぞれ引き下げた。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト19人の営業利益予測の平均値は2032億円となっており、会社計画はこれを下回った。

通期の国内ユニクロ既存店売上高計画は、期初の4.0%増から横ばいに引き下げた。下期については「気温に左右されにくい商品、売れ筋商品の投入、追加生産・減産により機動的な対応ができる体制で臨む」としている。

次ページ値引き販売で利益率低下
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT