「シェイクシャックが惚れた男」の経営哲学

だから黒船高級バーガーは日本進出を決めた

画像を拡大
マディソン・スクエア・パークにあるシェイクシャックの店舗

ニューヨークのマディソン・スクエア・パークにある1号店は、まさに「公園と一体化したバーガースタンド」という感じだ。店内には席が1つもない。

住宅街やビジネス街にも店舗があるが、それぞれの立地に応じて、デザインや空間を変えているところが面白いと思った。

商品もいい。看板商品の「シャックバーガー」はチーズバーガーのようなもので非常にシンプルだが、パンと具材のバランスがうまい。高級レストランをやっていた人が、いかに一体感を出そうと考えたかがわかる。

さらに中身を聞くと、アンガスビーフを使い、肥育にもホルモン剤を使っていないなど、食材へのこだわりがある。サービスもいい。みんな元気で笑顔だ。

――実際に先方の経営陣に会ってみて、どうでしたか。

やっている事、言っている事がすごく本物だなと感じた。どのパートナーと組むときもそうだが、特に強く感じたのは、価値観が合っていて、ブランドを大事にする姿勢が同じということだ。

われわれは短期的な商売ではなく、いかにお客さんに喜んでもらえるかを考えている。彼らも社名にあるように、ホスピタリティをとても大事にしている。この人達とパートナーになったら面白いし、チャレンジしていけると感じた。

価値観を共有できるかが重要

角田氏はスタバの日本展開にもかかわった(撮影:尾形文繁)

――飲食関連では、スタバの日本展開を成功させた実績があります。今回も同じような感覚がありますか。

先方は、日本で組むパートナーがシェイクシャックをきちんと表現し、展開してもらえるかを重視している。これはスタバも同じ。

私はスタバの日本展開の交渉にも携わったが、彼らはいろいろな日本企業からオファーを受けていた。ただ、どうしても相手先に期待する価値観がヒットせず、結構時間をかけてやっていた印象だった。

最後はハワード・シュルツさん(現・米スタバCEO)たちに日本のわれわれのお店を見てもらい、同じ価値観を感じ取ってもらった。シェイクシャックによる日本でのパートナー選定も、そうした状況と似ていた。

次ページオープン以降の手応えは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。