私は、こうやって「眼科開業医」を仕留めた

東京の「婚活事情」最前線<1>

優しいだけが取り柄みたいな冴えない女、有加子の婚活戦略は?
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

結婚という制度自体にも疑問が突き付けられるご時勢となってきた昨今でも、いまだにアラサー女性を中心に結婚せよ!との無言の圧力が全国的にかかる。

中でも『東京』はあまりに多くの異性と触れ合ってきた男女が、社会でのきらびやかな楽しみ方を本当にわかってくるタイミングで、一人に相手を絞らなければならないという、難易度の高い決断を迫られる。

「結婚は常識」という価値観が過去の遺物となりつつある今、東京の婚活事情はどうなっているのか。その最前線に迫る。

<今週の東京婚活女子>
名前:有加子31歳
結婚時年齢:29歳
結婚歴:2年
結婚前の職業:大手銀行の一般職
現在の職業:専業主婦
旦那:五郎43歳
旦那の職業:開業医(眼科)
旦那の年収:約1億円
住まい:ミッドタウン近くのマンション
家賃:60万円

「ハズレ合コン」でも、最後まで空気を乱さない

「私の場合は、とにかく探すことだったかな。。」

目の前の上品な女は、恥ずかしそうにはかなげにほほ笑む。とりわけ派手ではないけれど、とりわけ欠点もなく清楚で洗練された都心の奥様になった有加子。31歳。髪も肌も爪も、定期的にメンテナンスしているのだろう、どれも艶々と潤い輝いている。

次ページ冴えない女でも、結婚相談所に行けばモテモテ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。