私は、こうやって「眼科開業医」を仕留めた

東京の「婚活事情」最前線<1>

優しいだけが取り柄みたいな冴えない女、有加子の婚活戦略は?
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

結婚という制度自体にも疑問が突き付けられるご時勢となってきた昨今でも、いまだにアラサー女性を中心に結婚せよ!との無言の圧力が全国的にかかる。

中でも『東京』はあまりに多くの異性と触れ合ってきた男女が、社会でのきらびやかな楽しみ方を本当にわかってくるタイミングで、一人に相手を絞らなければならないという、難易度の高い決断を迫られる。

「結婚は常識」という価値観が過去の遺物となりつつある今、東京の婚活事情はどうなっているのか。その最前線に迫る。

<今週の東京婚活女子>
名前:有加子31歳
結婚時年齢:29歳
結婚歴:2年
結婚前の職業:大手銀行の一般職
現在の職業:専業主婦
旦那:五郎43歳
旦那の職業:開業医(眼科)
旦那の年収:約1億円
住まい:ミッドタウン近くのマンション
家賃:60万円

「ハズレ合コン」でも、最後まで空気を乱さない

「私の場合は、とにかく探すことだったかな。。」

目の前の上品な女は、恥ずかしそうにはかなげにほほ笑む。とりわけ派手ではないけれど、とりわけ欠点もなく清楚で洗練された都心の奥様になった有加子。31歳。髪も肌も爪も、定期的にメンテナンスしているのだろう、どれも艶々と潤い輝いている。

次ページ冴えない女でも、結婚相談所に行けばモテモテ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT