ビル・コスビー容疑者、強制わいせつで訴追

「理想の父親」のイメージが台無しに

 12月30日、米ペンシルベニア州の検察当局は、コメディアンで俳優のビル・コスビー容疑者(写真)を2004年に知人女性に強制わいせつ行為を行った容疑で訴追した(2015年 ロイター/Mark Makela)

[米ペンシルベニア州ノリスタウン 30日 ロイター] - 米ペンシルベニア州の検察当局は30日、コメディアンで俳優のビル・コスビー容疑者(78)を2004年に知人女性に強制わいせつ行為を行った容疑で訴追した。同容疑者をめぐっては、これまでに50人以上もの女性たちが性的暴行を受けたと名乗り出ているが、立件は初めて。

訴追対象となったのは、同容疑者の母校であるテンプル大学の関係者だった女性(44)に対する強制わいせつ容疑。被害女性は2004年1月、同容疑者の自宅に招かれた際、ワインと何らかの錠剤を飲まされ、身動きできなくなったところでわいせつな行為をされたという。

同容疑者の弁護団は30日夜声明を発表し、訴追は政治的な思惑が背景にあり、「不当だ」と主張。「法廷で容疑が晴れるだろう」とした。

同容疑者は1980年代に高視聴率を誇ったTV番組「コスビー・ショー」で人気を博した。「理想の父親像」「マイホームパパ」のイメージで知られていただけに、性的暴行容疑はファンに衝撃を与えた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。