アベンジャーズ(Marvel’s The Avengers)--“新結合”で日本を救え《宿輪純一のシネマ経済学》

 

そこで産業政策、特にその育成のため、知識や技術力の増強、イノベーションの実施が急務ではないか。イノベーションとはオーストリアの経済学者シュンペーターの中心理論で日本語では“新結合”といわれている。まったく新たな組み合わせで結合させ、新しいやり方を導入することである。それが、企業と経済を発展させ新陳代謝(創造的破壊)を促すとしている。まさに、この映画も個性的なスーパーヒーローを“新結合”させて、さらに強くなっている。

筆者も企業戦略の講義のときに、事例として『シネマ経済学』を説明に使用している。筆者はこのシネマ経済学という分野を作った。普段はまったく関係がないと思われている経済と映画を“新結合”させたもので、新しい価値を生み出していると説明している。

さて、この『アベンジャー』、最近のアメコミの映画には多いのだが、エンドロールの途中で席を立ってはいけない。今後の重要なストーリーの頭出しがそこでされることが多いので。

 

 

©2011 MVLFFLLC. TM & ©2011 Marvel. All Rights Reserved.

 


しゅくわ・じゅんいち
博士(経済学)・映画評論家・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・ボランティア公開講義「宿輪ゼミ」代表。1987年慶應義塾大学経済学部卒、富士銀行入行。シカゴなど海外勤務などを経て、98年UFJ(三和)銀行に移籍。企画部、UFJホールディングス他に勤務。非常勤講師として、東京大学大学院(3年)、(中国)清華大大学院、上智大学、早稲田大学(5年)等で教鞭。財務省・経産省・外務省等研究会委員を歴任。著書は、『ローマの休日とユーロの謎』(東洋経済新報社)、『通貨経済学入門』・『アジア金融システムの経済学』(以上、日本経済新聞出版社)他多数。公式サイト:http://www.shukuwa.jp/、Twitter:JUNICHISHUKUWA、facebook:junichishukuwa ※本稿の内容はすべて筆者個人の見解に基づくもので、所属する組織のものではありません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。