サウジアラビアの病院で火災、25人死亡

107人が負傷

 12月24日、サウジアラビアの民間防衛当局は、同国南西部の港湾都市ジザンの総合病院で、火災が発生し、25人が死亡したと発表した。負傷者は107人に上るとしている。写真は火災が発生したジザンの総合病院(2015年 ロイター/Saudi Press Agency)

[ドバイ 24日 ロイター] - サウジアラビアの民間防衛当局は、同国南西部の港湾都市ジザンの総合病院で24日、火災が発生し、25人が死亡したと発表した。負傷者は107人に上るとしている。

当局は声明で、火災が夜明け前に起き、負傷者は周辺地域の病院に搬送されたと明らかにした。火災は鎮火し、原因は調査中だという。

*カテゴリーを追加して再送しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。