数学で未知のことに向かう活力を得る--『数学入門』を書いた小島寛之氏(数学エッセイスト、帝京大学経済学部教授)に聞く

──この本はあくまで未来志向ですね。

本書は「過去にわからなかったことをわかったようになる」のではなく、「未知のことに向かって活力を得る」ことを目指した。まず細かいことは気にしないで、ずんずん先を読み、ここはわかりたいと思うところは丁寧に読む。そして、むしろこの本をカタログとして、より詳しく書いてある本をひもといていただければ、著者としてはうれしい。

(聞き手・本誌:塚田紀史 撮影:谷川真紀子 =週刊東洋経済2012年8月25日特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

こじま・ひろゆき
1958年東京都生まれ。東京大学理学部数学科卒業、東大大学院経済学研究科博士課程修了。専攻は数理経済学、意思決定理論。数理経済学、ゲーム理論、意思決定論を専門とするかたわら、数学エッセイストとしても活躍。近著では、子ども向け数学絵本『大悪魔との算数決戦』(1、2)も執筆。

『数学入門』 ちくま新書 840円 252ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。