民主主義の危機打開に、住民投票制度の活用を

こうした現象について、最も楽観的な見方をすれば、新しい民主主義の芽吹きの予兆と解釈することもできようが、最も悲観的な見方をすれば、巨大な混沌と衰退が長く長く続くトンネルの入り口と見ることも可能である。

現在のこうした政治状況を個々人のレベルに引き付けて見れば、多くの人が現実問題として困り果てている問題が、自らの投票行動である。つまり多くの有権者にとって、どの党に投票すべきかの決定が非常に難しくなってしまっているのだ。

投票したい党が見当たらない

もちろん従来の選挙でも、多くの有権者は特定の政党の政策に100%賛同して投票してきたわけではない。それでも、どの党に投票するかについて多くの有権者には戦略があった。たとえば「政界再編が起こってほしいからA党」「政権交代を実現したいからB党」など。

だが現在、多くの有権者がこうした戦略を立てることに、多くの困難を感じているように思われる。推測できる理由は、次のようなことだ。

第一に、今後の政治の流れや対抗軸が見えにくくなった。あるべき政治の構図が見えなければ、投票戦略は立てにくい。

第二に、非常に多くの政党が濫立しているにもかかわらず、投票したい政策を提示している政党が見つからない。

たとえば「増税し、財政支出も減らす」という財政的選択肢を明確に提示している政党は見当たらない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT