パズドラとモンストが追い落とされない理由

その文化と歴史を理解しないと本質を見誤る

パズドラとモンストが長く愛され続ける理由は何でしょうか。

人気のスマホゲームと言えば、あなたは何を連想するでしょうか?

パズドラ? それともモンスト? どちらのゲームも日々テレビCMが流れていることが多く、「ゲームをプレイしたことはないけど、名前は知っているという人」も多いでしょう。

パズドラことパズル&ドラゴンズがリリースされたのは2012年2月、モンストことモンスターストライクがリリースされたのは2013年9月。モンストはリリースされてから2年が経過していますし、パズドラに至っては来年2月で4周年を迎えます。

驚くのが両社とも、ゲーム内課金の売り上げランキングのチャートで長らくトップを2社で競い合う形で守り続けている点です。特にパズドラについてはリリースから4年目を迎えていることもあり、さすがに絶頂期に比べると売り上げは下がっており、人気のピークは過ぎているという声もありますが、それでもほとんどの期間でランキングはモンストに次ぐ2位を堅持しています。

従来のソーシャルゲームと呼ばれていた携帯ゲーム時代においては、比較的話題となるゲームはブームが1年ぐらいしか長続きせず、話題の主役が入れ替わるのが通常であったことを考えると、3年半以上の長きにわたりトップ争いをし続けているのは驚異的です。

また、モンストについても、ミクシィの救世主として登場した当初こそ、「ゲームとしては一発屋ですぐに失速するのでは」と揶揄する声も聞かれました。売上高のピークは越えたようですが、それでも3年目に入った今も利用者数の増加傾向は続いているようです。

筆者自身、なぜ両社のヒットが長続きするのか良く理解できていませんでしたが、両社の話を聞く機会があり、実はどちらの会社にもその明確な理由が存在することがわかりました。

あえて儲けすぎないことで人気を持続しているパズドラ

パズドラにおいてキーワードになるのは、「あえて儲けすぎない」という点です。

ガンホーという会社は元々パソコン(PC)向けのオンラインゲームである「ラグナロクオンライン」の運営で成功して大きくなった会社です。PCオンラインゲームは月額課金で運営されるものが多く、いかに既存ユーザーに長く楽しんでもらうかがビジネスモデルの重要なキーになります。

次ページ短期的に儲けすぎないことにも気を配るガンホー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT