住友化学が豪ニューファームとの販売提携を拡大、イタリアで農薬の販売品目拡充

住友化学が豪ニューファームとの販売提携を拡大、イタリアで農薬の販売品目拡充

住友化学は7月12日、オーストラリアの農薬大手で資本提携関係にあるニューファーム・リミテッド(メルボルン)との販売提携を拡大すると発表した。イタリアの子会社「住友化学イタリア」(ミラノ)が、ニューファームのグループ企業である「ニューファーム・イタリア」が取り扱う種子処理分野を除くすべての農薬製品を、8月1日から販売する。主力事業である農薬事業の強化につなげる。

これまで住友化学は「住友化学イタリア」を通じて、一部のニューファーム製品を取り扱ってきたが、今回、この取扱品目を大幅に拡充する。殺虫剤、殺菌剤、除草剤などが対象となる。

イタリアは果樹や野菜など多様な作物栽培が盛んで、農薬市場は欧州で3番目の規模とされる。住友化学は昨年、それまで持ち分法適用会社だった「イサグロ・イタリア」を完全子会社化したうえで、住友化学イタリアに商号変更していた。

住友化学とニューファームはイタリアを含む19カ国で販売提携を結んでおり、お互いの製品を相互に供給しあっている。

(写真は住友化学が日本国内向けに販売する農薬製品)

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT