住友化学が豪ニューファームとの販売提携を拡大、イタリアで農薬の販売品目拡充

住友化学が豪ニューファームとの販売提携を拡大、イタリアで農薬の販売品目拡充

住友化学は7月12日、オーストラリアの農薬大手で資本提携関係にあるニューファーム・リミテッド(メルボルン)との販売提携を拡大すると発表した。イタリアの子会社「住友化学イタリア」(ミラノ)が、ニューファームのグループ企業である「ニューファーム・イタリア」が取り扱う種子処理分野を除くすべての農薬製品を、8月1日から販売する。主力事業である農薬事業の強化につなげる。

これまで住友化学は「住友化学イタリア」を通じて、一部のニューファーム製品を取り扱ってきたが、今回、この取扱品目を大幅に拡充する。殺虫剤、殺菌剤、除草剤などが対象となる。

イタリアは果樹や野菜など多様な作物栽培が盛んで、農薬市場は欧州で3番目の規模とされる。住友化学は昨年、それまで持ち分法適用会社だった「イサグロ・イタリア」を完全子会社化したうえで、住友化学イタリアに商号変更していた。

住友化学とニューファームはイタリアを含む19カ国で販売提携を結んでおり、お互いの製品を相互に供給しあっている。

(写真は住友化学が日本国内向けに販売する農薬製品)

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。