住友化学が豪ニューファームとの販売提携を拡大、イタリアで農薬の販売品目拡充

住友化学が豪ニューファームとの販売提携を拡大、イタリアで農薬の販売品目拡充

住友化学は7月12日、オーストラリアの農薬大手で資本提携関係にあるニューファーム・リミテッド(メルボルン)との販売提携を拡大すると発表した。イタリアの子会社「住友化学イタリア」(ミラノ)が、ニューファームのグループ企業である「ニューファーム・イタリア」が取り扱う種子処理分野を除くすべての農薬製品を、8月1日から販売する。主力事業である農薬事業の強化につなげる。

これまで住友化学は「住友化学イタリア」を通じて、一部のニューファーム製品を取り扱ってきたが、今回、この取扱品目を大幅に拡充する。殺虫剤、殺菌剤、除草剤などが対象となる。

イタリアは果樹や野菜など多様な作物栽培が盛んで、農薬市場は欧州で3番目の規模とされる。住友化学は昨年、それまで持ち分法適用会社だった「イサグロ・イタリア」を完全子会社化したうえで、住友化学イタリアに商号変更していた。

住友化学とニューファームはイタリアを含む19カ国で販売提携を結んでおり、お互いの製品を相互に供給しあっている。

(写真は住友化学が日本国内向けに販売する農薬製品)

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT