物理学者は、数学者の肩に乗った小人なのか

フレンケル教授の「数学白熱教室」最終講義

エドワード・フレンケル教授による数学ミステリー白熱教室も、いよいよ最終回
ツイッターによる実況中継まで行われるほど熱い支持を受けた「NHK数学ミステリー白熱教室」。イケメン数学者エドワード・フレンケル教授による講義もいよいよ最終回。数学の様々な分野に架け橋をかけるラングランス・プログラムを量子物理学に拡張するというフレンケルの専門の分野に突入する。そしてそれは、数学者と物理学者の違いとは何か、という根源的な問いに行きつく。フレンケル教授の『数学の大統一に挑む』の訳者であり、京大理学部で理論物理学の博士号をとっている青木薫が読み解くこのシリーズも最終回を迎える。
 
第1回 「究極の数学」は驚くほどエレガントで力強い
第2回 天才数学者が決闘死前夜に残した奇跡のメモ
第3回 日本の天才数学者、谷山豊が得た奇跡の着想

 

エドワード・フレンケルの『数学ミステリー白熱教室~ラングランズ・プログラムへの招待~』(全4回)が12月4日に最終回を迎えた。現代数学の壮大なビジョンであるラングランズ・プログラムを、広く一般に紹介しようという野心的なテレビ・シリーズだ。 

第4回は「数学と物理学 驚異のつながり」というテーマだ。このテーマこそが、このシリーズの山場だとわたしは思うのである。ひとつには、現在のフレンケルが、このつながりを解明することに大きく関わっているからだが、もうひとつには、彼がもともと数学の世界に入ったのは、物理学のことをもっとよく理解したかったからだ。

物理学は数学によって予め発見されている?

少年時代の彼は、物理学に魅了されていた。とくに素粒子物理学に興味があった。しかし、マレイ・ゲルマンが提唱したクォークモデルは、どうにもわからなかった。いったいどこから、あんな考えが出てきたのだろうか。ゲルマンは「八道説」という、何やら東洋思想めいた不思議な説を唱えていたが、いったい何でそんなことを思いついたのだろう?

そんなことを考えていたとき、家族ぐるみのつきあいのあった数学者が、「それを理解したければ数学をやるしかない」と教えてくれたのだ。物理学は、数学によって説明されているのだ、と。

次ページ物理を理解するために数学を学び始めた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。