住友金属の友野社長が29日会見、新会社への抱負を語るとともに業界の需給見通しは慎重視

住友金属の友野社長が29日会見、新会社への抱負を語るとともに業界の需給見通しは慎重視

新日本製鉄との合併が決まった住友金属工業の友野宏社長は、6月29日に開かれた日本鉄鋼連盟(鉄連)の定例記者会見で、新会社への意気込みを語るとともに、足元の原料高、製品安について、厳しい見方も示した。

5月に鉄連会長に就任し、10月には新日鉄住金の社長就任が予定される友野宏社長。「株主総会を終えて、法的な要因はすべて整った。あとは、10月1日に向けて粛々と準備をすることと、統合後はなるべく早く、皆さんの期待に応えられるようなパフォーマンスをあげていきたい」と新会社への抱負を語った。

新日鉄と住友金属は、ともに6月26日の株主総会で合併への承認を得たばかり。同じ日に両社の100%子会社である日鉄パイプラインと住友金属パイプエンジを10月に経営統合し日鉄住金パイプラインとすることを発表したほか、6月29日には、インターネット上に新日鉄住金のプレサイト(http://www.nssmc.com/)をオープンしている。
 
 また、鉄連会長として足元の世界的な鉄鋼の原料高、製品安について聞かれた友野会長は、「ざっくりと需要は年率で4%程度伸びるが、供給能力はそれを少し上回るかたちで増える。そのギャップ分が余剰になっている。たとえば一貫製鉄所をつくると400万tから800万t出てくる。溶鉱炉は出銑比0.3でたくことはできないので、2なり1.5になる」

「だから、需要の伸びに対し、キャパの増え方は階段状になる。そのギャップは必ず出てくる。そこをどうしのぐかは我々の大きな課題。あまり脳天気に需要が伸びるからいいという状況ではない」と説明。韓国の現代製鉄を筆頭に高炉の新設が進む状況を鑑み、今後の需給に慎重の見方を示した。

ちなみに、前日28日に経済産業省が発表した12年7~9月の鋼材需要見通しは2470万トン。自動車中心に需要が増えることで同4~6月実績見込みの2449万トンから漸増すると発表。ただ、4~6月には2763万トンと堅調だった粗鋼生産については、高水準な在庫の圧縮が見込まれ、電炉各社で夏季に予定される定期修繕を勘案、半製品輸出の縮小もあるため、7~9月は2710万トンに減る見通しだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT