創業100周年の老舗菓子メーカー、カンロが初の直営店を東京駅に出店

創業100周年の老舗菓子メーカー、カンロが初の直営店を東京駅に出店

今年、創業100周年を迎える老舗菓子メーカーのカンロは、6月28日に東京駅地下の商業施設「GRANSTA」丸の内側に初の直営アンテナショップ「ヒトツブカンロ」を出店する。店内には47種類のキャンデーやグミをそろえ、丸の内で働くOLや観光客をターゲットの中心に据える。

「ヒトツブカンロ」に並ぶ商品はすべて、この店舗のために開発された限定商品だ。当社の主力商品である「カンロ飴」のギフト用商品、チョコレートをかけた「ピュレグミ」など、スーパーやコンビニ向けの商品とは趣の異なる商品が並ぶ。マーケティング統括本部の金井孝至氏によれば、「『こういう商品ができるんですね』という驚きの声がメディアから上がっている」という。

カンロがこのような初めての直営店出店に踏み切った理由は「キャンデーのバリエーションを消費者に知ってもらいたい」(羽田英之取締役・管理本部副本部長兼経営企画室長)ため。近年、スーパーやコンビニでは商品の入れ替わるサイクルが短くなっており、各メーカー間で陳列棚の奪い合いも激しさを増している。そのため、店頭で自社商品の露出を拡大するのが難しくなっている。
 
 低価格化も課題だ。菓子業界での価格競争は依然として激しく、各メーカーは多額の販促費の拠出を迫られている。また、安価な小売の自主企画(PB)商品も陳列棚を拡大。メーカーの独自ブランド(NB)商品によく似た商品も続々と出てきた。価格競争に巻き込まれないためには、高単価でも売れるような差別化された商品が必要。各メーカーは対応を迫られている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT