創業100周年の老舗菓子メーカー、カンロが初の直営店を東京駅に出店

カンロは直営のアンテナショップを活用して、さまざまな自社商品をアピールする場を確保するとともに、スーパーやコンビニの店頭では販売しにくい高単価商品を積極的に展開。気軽なギフトとして贈れるような箱入り商品、カップ入り商品など品ぞろえを拡充している。また、ターゲット層であるOLと同年代のスタッフを配置。対話を通じて顧客のニーズを探り、今後の商品開発に生かす。

今後の展開については「まずは東京駅の店舗を成功させる」(羽田取締役)と未定だが、「成功すれば、若年層などを対象とした店舗の出店も視野に入れる」(同)。東京駅には、カルビー、江崎グリコ、森永製菓が4月に「東京おかしランド」としてそれぞれアンテナショップを出店したばかり。新しいブランド体験を提供し、消費者の心をつかむことができるか。菓子メーカーの腕前が問われている。

(平松 さわみ =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。