日本人が開発した触れる「3D映像」の可能性

指先でつんつん触れると映像の形が変化

画像をクリックすると動画サイト(英語)にジャンプします

日本人科学者が触れるホログラムを作成し、これを建築や医療分野で活かすことができないか考えている。

これはコンピューターグラフィックイメージ(CGI)ではない。日本人科学者によって作られた触れるホログラムだ。

科学者たちが利用するのは1000兆分の1秒だけ持続する高周波レーザーパルスを発射するフェムト秒レーザー技術。パルスは人間の接触に反応するため、ユーザーが空中でホログラムのピクセルを操作する(すなわち形を変える)ことができる。

「今は動画や写真を触ることは不可能で、たとで動画を投影できたとしても、それに触れることによって何かの相互作用を起こすことはできない。そこで、三次元の形で画像を投影し、それに触ることができたら、そこに実際何かあると思われる場所にそれそのものを作り出すことができる」と、筑波大学の落合陽一助教は話す。

同氏らは、このFairy Lights(フェアリーライト)技術が、エンターテイメント、医療、建築の分野で活用できるかもしれないと話す。

「もっと大規模な空間でより大きなレーザーを使って、それに人々が触れられるようになれば日常生活は変わるだろう。建築や医療の現場など三次元コミュニケーションが必要な分野で利用できるかもしれない」(落合助教)。

技術によってコンピューターのキーボードを人のひざの上に映し出したり、ビデオチャット中に仮想の接触を経験したりすることができるかもしれない、と考える専門家も出てきている。

記事の原文はこちら

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT