米国で金融業はもう「稼げる」商売ではない

ウォール街冬のボーナスに見る苛酷な現実

だが大手金融機関約30社のデータに基づくジョンソン・アソシエイツの分析を通して見えてくるのは、規制強化や景気の低迷、インターネット志向の新たなライバルとの競争激化に見舞われている金融業界が、今まさに直面している困難だ。

うまみが薄くなった米金融市場

これまで欧州の大手金融機関は経営陣の大々的な刷新や人員削減には消極的だったが、ここに来てそうした発表が相次いでいる。ドイツ銀行やクレディ・スイス、バークレイズの新経営陣は、そろって米金融市場での事業を見直すと述べている。米市場での事業は、10年前には非常にうま味のあるビジネスだった。

なかでも劇的な動きを見せているのがドイツ銀行だ。就任まもないジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は、今後2年間で全従業員の4分の1近い3万5000人を削減する方針を明らかにしている。

米金融機関の業績は、景気が欧州よりはよかったこともあって全般的には悪くなかった。だが7〜9月期の決算発表を見ると、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなどでは減益となっており、アナリストからは営業戦略に批判も出ている。

ジョンソンは「こうした企業ではそのうち、大幅なコスト削減を迫られることになるだろう」との見方を示した。

もちろん、どういった試練にさらされているかは企業によって、また事業分野によって異なる。だがすべての金融機関に多かれ少なかれ影響を与えるような、幅広いトレンドも存在する。

ここ数カ月は中国経済への不安が金融市場に混乱をもたらしており、結果として運用益も伸び悩んでいる。

次ページ最もうまみのある事業分野とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。