金融庁「サイバー攻撃対策」の新体制とは?

サイバーセキュリティ対策調整室が発足

日本の大手金融機関が集積する丸の内界隈。サイバー攻撃対策が求められている(撮影:今井康一)

金融庁は、金融分野におけるサイバーセキュリティの強化に乗り出す。近く、専門セクションの「サイバーセキュリティ対策調整室」を発足させ、金融分野の検査・監督の際に横断的にモニタリングして、セキュリティレベルの向上を目指す。

サイバーセキュリティ対策調整室には、専門官3人のほかに、外部の専門家も加わる。その態勢の下で有識者等からの情報収集・分析やセキュリティ強化に関する施策の企画・検討などを行なう。

具体的には、銀行、証券会社、保険会社などの金融機関のほか、証券取引所などの金融インフラのサイバーセキュリティの実態を把握し、その向上を促進していくことになる。

米国金融機関から8000万件の顧客情報が漏洩

近年、金融分野に対するサイバー攻撃は世界的に激化の一途にある。昨年8月には米国の有力金融機関であるJPモルガン・チェースが攻撃を受け、約8000万件の顧客情報漏えいを生じさせた。また、欧州では2013年ごろから銀行のコンピュータが「マルウェア」に感染し、システムが乗っ取られて銀行員による内部のシステム操作の内容まで犯罪者に把握される事態も起きている。

日本では現状、そのような大掛かりな被害が金融分野で発生したわけではないものの、その潜在的なリスクは存在している。実際、インターネットバンキングにおける不正送金など事例は増加傾向にある。

次ページ金融機関の情報共有組織が発足
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT