孫正義はラーメン屋を経営しても成功するか

日本株のプロに学ぶ「上がる株の選び方」

ただ、残念ながら、個人投資家の場合、経営者と話ができる機会はほとんどない。

「それでも、たとえば消費者向けのサービスや製品を出している企業であれば、実際にサービスを利用したり、製品を使ってみたりする。そうすれば、消費者にとって魅力的な製品・サービスであるかどうかが見えてくる。また、好業績が単なる運かどうかについては、たとえば最近だとマイナンバー関連のように、特需で利益が伸びている企業は、要注意だ。特需による好業績は、経営者の手腕によるものではないからだ」。

「現場力」がある経営者に投資せよ

もうひとつ、個人投資家でも経営者の力量を見極められるポイントについて、藤野氏は次のように指摘する。

「あくまでイメージではあるが、私は企業に投資をする際、その経営者が、『もし街でラーメン屋を経営したら成功するだろうか』、という視点を常に持つようにしている」。

どういうことだろうか。「たとえばソフトバンクグループの孫正義社長や日産自動車のカルロス・ゴーンCEOは、いまや世界有数の企業のトップだが、彼らなら、街のラーメン屋を経営しても成功すると、確信できる」。

「四季報先取り号」では、「会社四季報」新春号の発売より2週間前に、四季報の最新情報をお届けします。画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。

なぜなら、「企業はお客様に製品やサービスを提供し、喜んでもらい、その対価としてお金をいただく。そこから取引先への支払いを済ませ、従業員に給料を支払い、利益を残すわけだが、彼らは、こうした一連のビジネスサイクルをパーフェクトに理解しており、現場力があるからどんなに小さなことでもおろそかにしない。だから、街のラーメン屋の経営だって、軌道に乗せられるはずだ」。

どうだろう。今、あなたが投資したいと思っている企業の社長は、街のラーメン屋を経営しても十分な成功を収められるだろうか。

11月30日、「会社四季報」2016年新春号に先駆け「会社四季報先取り号」が発売になった。2016年の相場展望はもちろん、「来期経常増益率の上位企業」など、「10大ランキング」を掲載。四季報の発売前に最新の四季報情報が一挙に手に入る。ぜひ銘柄選びの参考にしてほしい(原則11月17日現在までの予想で集計)。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT