栄光ホールディングスは株主総会を控え、大株主2社と三つ巴の争いが泥沼化

しかし、そうした栄光HD側の主張に対し、進学会側は「何らかの意図をもった無理なこじつけ」と全面否定。提携解消の背後にある真相はやぶの中にある。
 
 注目が集まるのは、2位株主である増進会の出方だ。進学会の持ち株比率だけでは、株主総会の場で、進学会から取締役2名を派遣するという議案を可決することは不可能。進学会としては、増進会に協力を仰がなければ自社からの取締役派遣提案は通らない。

一方、それを阻止したい栄光HD側は、増進会からの取締役派遣の議案を「会社提案」、進学会からの取締役派遣の議案を「株主提案」と分けて招集通知に記載。増進会側からの取締役派遣のみを認める形にして、大株主2社を分断する構えだ。

栄光HDの株主総会は来る6月27日。総会の場での直接対決は間近に迫っている。


◆栄光ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


◆進学会の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。