山手線新車両で「広告の一等地」はどうなる?

アナタが知らない、車内広告市場の最前線

このスペースは首都圏全線一括販売が基本で、広告主は首都圏を走るすべての列車に広告を出す。2カ所のドアの両側に1枚ずつ、計4枚を掲示する場合、3万8200枚になる。

価格は1週間で2000万~3000万円と、決して安くない。にもかかわらず、飲料や化粧品などの大手メーカーに加えて、自己啓発本の出版社をはじめとした中小企業も出稿を狙っている。

「ドア横新Bに広告を出すと、売り上げが確実に増える。このスペースへの出稿が決まったというだけで重版をかけた出版社もあると聞く」(業界関係者)

デジタルサイネージが主体のE235系にしても、中吊りを廃止するかどうかの議論はあったが、ドア横新Bの広告スペースは紙であるにもかかわらず、最初の構想段階でもしっかり確保されていた。そう考えると、広告媒体としてのE235系の戦略は「デジタルサイネージありき」ではなく、「広告スペースの価値を高めること」だというのがよくわかる。

現在の車内広告市場の勢力図

車内広告を取り巻く情勢は大きく変化している(撮影:風間仁一郎)

車内広告市場では「JR、東京メトロ、東急の人気が高く、小田急、京王、西武、東武などが2番手」(広告業界関係者)とされる。

2番手クラスはその分、料金も安いが、列車内を見渡すと、とりわけ窓上広告に空きが目立つ。スペースが埋まっていたとしても、自社広告だったりする。一方で「広告スペースが余っていることを逆手に取って、3枚横並びの広告枠として販売することもある」(鉄道会社)。

相互直通運転の拡大によって、広告の出し方も変わってきた。出稿先の沿線住民だけでなく、相互直通先の利用者も呼び込もうとするマンション分譲業者がいる。東京メトロと相互直通運転をしている路線では、割安な料金でメトロ沿線に広告が出せることに注目する広告主もいる。

料金が高ければ高いなりに、安ければ安いなりに、広告会社の営業マンも広告主も知恵を絞る。移動中の車内、そんな事情に思いを馳せながら周囲をながめてみると、いつもと違う風景が見えてくるのではないだろうか。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT