山手線新車両で「広告の一等地」はどうなる?

アナタが知らない、車内広告市場の最前線

中吊り広告は結局、存続することになった(撮影:風間仁一郎)

実際、文字量の多い雑誌広告を中心に、中吊り広告のニーズは根強い。最終的に中吊りは継続となり、デジタルサイネージと併用されることが決まった。

車内広告を担当するジェイアール東日本企画は、中吊り広告が継続される“サプライズ”を逆手に取り、紙とデジタルの両方を活用したメディアミックス戦略を展開。E235系1編成を丸ごと、1社独占の広告媒体として売り出した。

半月にわたって広告を掲載する枠組みで、料金は定価1800万円(現在は特価で1430万円)。評判は上々で「来年3月までの枠はすべて完売した」とホクホク顔だ。

前評判の高いE235系がデビューすれば、注目を集めるのは間違いない。わざわざ新車両を狙って乗車する人もいるだろう。だが、現在は希少価値が高くても、今後続々と増備されれば、乗客にとっては見慣れたものになる。そのときに、現在のような高い広告価値があるのか。その意味で将来は、1編成丸ごと1社独占でなく、通常の車両同様、スペースをばら売りすることになるかもしれない。

動画CMは13週で3800万円

ドアの上に設置された「トレインチャンネル」(撮影:風間仁一郎)

首都圏のJR路線全体で見た場合、車内広告はどのような状況になっているのか。

山手線をはじめ、現在JRの各路線ではドアの上に「トレインチャンネル」と呼ばれる液晶画面の付いた車両が多く走っている。動画のCMが放映されており、つい見入ってしまったことのある人も多いだろう。

トレインチャンネルには「山手線限定で広告を出したい」というニーズが強い。しかし、そうは問屋が卸さない。

山手線単独でトレインチャンネルに15秒のスポットCMを流す場合、13週間の長期契約となり、料金は3800万円かかる。一般的な1週間契約にしようとすると、首都圏の他路線との抱き合わせになる。その場合は15秒のスポットCMで440万円かかる。

次ページどこが広告の"一等地"なのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT