JFEエンジとコスモ石油がGSでEV用充電インフラの実証開始、太陽光発電も活用へ

JFEエンジとコスモ石油がGSでEV用充電インフラの実証開始、太陽光発電も活用へ

JFEホールディングス傘下のエンジニアリング会社であるJFEエンジニアリングは6月20日、コスモ石油と共同で、EV(電気自動車)の充電インフラに関連する実証事業を行うと発表した。JFEエンジが開発した急速充電器と太陽光発電設備を、コスモ石油のガソリンスタンド(GS)に設置。EVへの充電サービスとともにGSにも給電する。

JFEエンジの急速充電器がガソリンスタンドに設置されるのは初めて。7月半ばに横浜市瀬谷区のGS「セルフ&カーケアステーション瀬谷」に設置されるのは、JFEエンジが開発したEV用の蓄電池搭載型急速充電器「ラピダス」と太陽光発電設備。ラピダスに内蔵した24kw/hの蓄電池に、太陽光で発電した電力と、夜間の商用電力を蓄え、顧客のEVへ充電サービスを行う。

日中の電力使用を抑制でき、節電ニーズにも応えられる点が強み。実証は14年3月まで続ける予定だ。なお、ラピダスは蓄電池搭載の急速充電器としては国内で唯一「チャデモ」(充電器の統一規格)の認証を取得している。
 
 ラピダスは、30分で80%の充電ができる急速充電器。国内で発売されているEVの仕様に合ったものだが、JFEエンジニアリングでは、昨年9月に、8分で80%充電を可能にした「スーパーラピダス」も商品化している。ただ、これに対応したEVは、まだ発売されていないため、こちらは長期戦の構えだ。

ラピダスは、これまでコンビニのローソンなどでの設置はあったものの、本丸ともいうべきガソリンスタンドへの設置は今回が初めて。今年度は35台の設置を目指すという。

(写真は米国ポートランド市で実証事業中の急速充電器「ラピダス」)

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT