日本人は「節約命」の考えをそろそろ捨てよう

藤野英人×ちきりん、デフレの稼ぎ方を語る

藤野英人さんとちきりんさんが語る、生き残るために必要なスキル、「投資とマーケット感覚」
デフレの巻き返しや、2020年の東京五輪後の社会不安が伝えられる中、いかに稼ぎ、生きていけばいいのか――。レオスキャピタルの藤野英人さんと社会派ブロガーのちきりんさん。そんな未来を見通す、二人による対談が実現。変化の激しい時代を生き残るために、必要なスキル「投資とマーケット感覚」とは。

 

ちきりん:藤野さんの本は投資指南というより、生きるのに必要な考え方が書いてある本が多いですよね。新著である『投資バカの思考法』も、とても本質的なことが書かれていると思いました。

藤野 英人(以下、藤野):ありがとうございます。

ちきりん:たとえば、「損切り」は投資に不可欠なスキルですが、これって人生においても非常に重要です。時代が変わって、「そんな技術、もういらないよ」という状況になっても、苦労して身につけた専門性が捨てられない人はたくさんいます。

早めにあきらめて、新しい分野をゼロから学んだほうが、よっぽどよい場合も多いのに、「過去の経験やこれまで身につけたスキルを生かす」という美辞が言い訳になっていて、いつまでも過去に学んだことに引きずられる。損切りの重要性を含め、投資をしない人にも役立つ本だと思って、ラジオでご紹介しました。

藤野:私がこの本で言いたいことは、ちきりんさんが今年上梓された『マーケット感覚を身につけよう』とまさに同じなんです。実はこの前、大学で講義をしたときに、アンケートを採ったんですよ。「投資のイメージってどうですか?」って。すると、90%の人は「投資は悪」と言っているんですね。

ちきりん:いまだにそんな状態なんですか!?

藤野:以前よりひどくなってるんです。「投資は悪」はまだいい。最大の問題は、「労働が悪」。

ちきりん:「労働が悪」? ブラック企業のことですか?

藤野:働くこと自体がブラックなんですよ。

ちきりん:えっ、働くことがブラック? なぜ、そんな話に?

デフレと節約は「宗教」になった

藤野:アベノミクスでインフレらしきことが起きたけど、まだインフレにはなっていません。だからデフレ的な考えがまだ支配しているんです。

ちきりん:私みたいに、(日本経済が)成長していた時代や、現時点で成長している新興国を知っていると、「成長は七難隠す」と言えるくらい価値があると痛感できます。企業も売り上げさえ伸びていれば、組織が少々グチャグチャでもうまく回る。人も成長する。毎年のように給与が上がると未来に不安がなくなる。成長ってホントに大きな意味がある。

でも、成長する社会を見たことがない世代は、そのメリットがわからないんでしょうね。見たこともないものには期待できない。だから「成長しない社会」を前提に生きがいを見いだそうとしているのかも。

次ページ日本には2種類の人がいる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT