日本人は「節約命」の考えをそろそろ捨てよう

藤野英人×ちきりん、デフレの稼ぎ方を語る

レオスキャピタルの藤野英人さん

藤野:デフレのマインドが「道」になっているんです。茶道や剣道の「道」です。「デフレ道」。もしくは「節約道」。

ちきりん:「豊かな生活を求めないという生活態度のほうが、より多く稼ぐとか、より高く売れる社会より正しい」というロジックを作り上げてしまっているんですね。

藤野:そうなんです。いま日本には2種類の人がいるとみています。「希望最大化戦略」をとっている人と「失望最小化戦略」をとっている人です。とくに90%の人たちが失望最小化戦略をとっていますね。彼らは将来の期待がマイナスなんです。すると、行動して挑戦をすることは、非常に損だということになる。だから支出や投資を減らすことは、論理的に正しいとなるんですね。

さらに「労働は時間とストレスをおカネに替えることだ」っていう考え方が強いから会社が好きになれない。ルールから外れると不安になるし、突出しないことがリスクを減らすことだと思ってる。

ちきりん:そういう人って私のブログを読まないから、あまりそういう人に会わないかも……。 

「投資バカの思考法」(藤野英人著、SBクリエイティブ)。25年間、『バカ』になって全力を注いできたカリスマ投資家の思想を大公開。読むだけで、投資やおカネから仕事の悩みまで解決できる1冊。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

藤野:そうでしょうね。ちきりんさんのブログは希望最大化戦略の人を集めていますよね。

ちきりん:はい。私のブログの読者はみんなすごく前向きだし元気です。ちきりんブログって、デフレマインドの人が読んでも全然面白くないんですよね。「夢物語みたいなことを言って」とか「一般の人はそんなことはできない」とか思えてしまうから。

でも、希望最大化戦略を採っている人は、私のブログにワクワクするし、自分もやってみようと思える。結果としてそういう人ばっかり集まってくる。だから私、最近の若者はやる気があって、ものすごく優秀だといつも思っています。

藤野:たしかに、優秀な若者は増えていますね。一方で、失望最小化戦略の人が10年前に40%だったのが、今は2倍以上に増えました。5年スパンで見るとインフレの方に向かわざるをえないけど、短期的には、デフレの巻き戻しが来ているなと、すごく感じています。

イノベーションが起きると「消える」ビジネスとは

ちきりん:私、藤野さんがおっしゃっている「ちょっとでも安いものを探す生活防衛的な人たち」によるデフレのほかに、もう1つ別の理由によるデフレの波が来ていると思っているんです。それは非合理なものにおカネを払わないっていう、非常に合理的な形のデフレです。

たとえば、お店で2000円の値段が付いているネックレスって、ネットでなら1000円で売れるんです。だって家賃も人件費も圧倒的に小さいから。これって結果として物価は半分になっているわけですが、非常に合理的なデフレでしょ。

格安眼鏡もそうですよね。なぜ5万円だったものが5000円になるかというと、中間業者を排除したり、大量買い付けでコストを下げたりしているからです。デザインとか使い勝手など、消費者が価値を感じるところには集中的にコストをかけ、それ以外はばっさり切り捨てて安くする。そういった「価値ある部分への集中」という非常に合理的な動きによっても、デフレは促進されています。

次ページ合理的な動きの出現で経済規模が縮小傾向に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT