貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える アビジット・V・バナジー、エスター・デュフロ著/山形浩生訳 ~貧困解消は選択の論理の理解から

拡大
縮小

著者たちによれば、貧困を削減する魔法の銃弾もなければ、一発ですべて解決できる秘法もない。まずは貧乏な人たちが発する声に耳を傾けて、彼らの選択の論理を理解することだという。しかし仮に理解できても、貧困を根絶することは難しい。貧困が何千年にも及ぶ人類の歴史とともにあったことを思えば、あと50年か100年待つのも仕方がないというのだ。

経済学とは気まぐれで目先の欲望に弱い人間の行動を分析する学問である。だから厳密な分析手法は科学的に見えても、本質には迫れない。著者たちはあえて大雑把な手法(ランダム化対象試行。訳者解説に詳しい)で、貧乏な人たちの経済生活を理解しようと試みる。その“頃合い”が評者にはたまらなく新鮮で、得心できるのである。

Abhijit V.Banerjee
米マサチューセッツ工科大学教授。印カルカッタ大学、印ジャワハラル・ネルー大学、米ハーバード大学で学ぶ。米開発経済分析研究所所長などを歴任。

Esther Duflo
米マサチューセッツ工科大学教授。パリの高等師範学校、同工科大学で学ぶ。全米芸術科学アカデミー、計量経済学会のフェロー。受賞歴多数。

みすず書房 3150円 370ページ

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT