「下町ロケット」半沢と似て非なる熱狂の裏側

TBS常勝チームのキーマンがすべてを明かす

――小さな工場も含めて技術者が日本を支えている。

銀行員の半沢直樹もそういう人たちを応援している。池井戸さんのスタンスが基本的にそうですね。

――今回の下町ロケットの物語は、半沢直樹と同じように、善悪の対立軸がはっきりした勧善懲悪の構図が明快な点が支持されているといわれています。

見るからに悪いヤツが出てくる。「この人は悪い」ということを説明するために、別の登場人物AとBがそのことについて話しているような、普通のドラマにある余計な説明のシーンは入れていません。「初めから悪役って一目でわかる」とインターネットで批判されているようですが、大事なストーリーを置いておいて、人の説明に時間を取られていると、視聴者が作品に入り込めませんから。

物語のテンポはとても重要

リアリティにこだわり、ロケットを作る現場は、実際に見学に行った

――物語のスピード感にもつながりますね。

おカネを払って観る映画は途中がつまらなくても見るかもしれませんが、テレビは面白くなかったらすぐにチャンネルを変えられてしまう。だからテンポはとても大事です。

池井戸さんの原作が持つ世界観も、やっぱり継承しなければなりません。1つの場面を1ページくらい使って細かく表現する小説家もいらっしゃいますが、池井戸さんの原作にはそういうところがいっさいない。

下町ロケットの作中でも、ロケット開発をしている帝国重工という大企業の年商や従業員数、拠点網などを延々とセリフで説明していたら、視聴者は疲れてしまう。だから一発で「すごいんだ」というところを見せるような映像をつくっています。

――そうしたわかりやすさを重視しつつも、リアリティについてはこだわりがある印象を受けました。

ロケットを作る現場は、実際に見学に行きました。とてつもなく大きな工場で、たとえばエンジンは、私たちが入れないような真っ白なクリーンルームの環境でつくっている。真っ白なのは汚れが目立つようにするためなのですが、だったらドラマでもリアリティを出すために、本当に真っ白な工場を再現しました。

ほかにも佃製作所が帝国重工を相手に精巧な技術力を見せつけるシーンがあります。あまり細かいところまではやれないものの、ねじ1本だけでも穴を開ける技術はスゴいことなんだというところは、見せ方を工夫しました。「それは実際にないだろう」というシーンはなく、事実に即しているところで視聴者がひと目でわかるように映像化していっています。

次ページなぜ、佃航平に阿部寛さんを選んだのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。