悔しいほど伸びていく人の「独学術」ベスト3

読書や講演通いは、こうすれば成果に変わる

たとえば、2008年のページのメモには、「~~に書いてあった、~~から聞いた、という報告をしてはダメ! 責任がない!」と書いています。今となってみれば、本で読んだのか、誰から聞いたのかも忘れてしまったのですが、それを何回も読みなおし、自分に言い聞かせてきました。今では自分のチームのメンバーにこのことを伝え、実践させています。

ノートを見直し、再度やることが大切

ときどき、この「自分ノート」を読みなおすと、忘れていることもありますし、身についていないこともあります。すでに身についていて意識せずとも実践できているものもあります。いろいろな気づきもあり、もし身についてないことがあったら、再度またやってみるのです。

それを繰り返すことで、このノートに詰め込んだエッセンスを学びなおし、身につけることができるのです。なお、MOLESKINEにしている理由は、ハードカバーであることがいちばんの理由です。通勤電車の中でも書くことができるし、小さいサイズのものにしているのでつねにカバンに入れておいても邪魔になりません。スーツの胸の内ポケットにも入るのも便利です。

この「自分ノート」は、もう10年ほど書いていて、これまでで数冊になっています。古いノートもときどき、カバンにいれて、通勤中にざっと読み返して自分の振り返りとスキルの再整理をしています。

今回は、ビジネス書やセミナーで学んだインプットを身につける3つの方法を紹介しました。

ポイントは、

・インプットの幅をあまり広げすぎないこと
・インプットしたものをまずは愚直に使ってトレーニングすること
・繰り返しインプットすること

 

です。こうすれば、読書や勉強したことの吸収度がぐっと上がるはずです。

私が実践している仕事術はブログでも紹介しています。ぜひご覧ください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。