中国西安で118mの高層ビルが一瞬で消えた

1.4トンの爆薬を使用、中国最大のビル爆破

中国北西部陝西省西安で11月15日午前、高さ118メートルのビルが約13秒で取り壊された。

ビルは27階建であり、計画通り北方へ倒壊し、周辺に設けられた防護ネットは無傷のまま残った。

爆破の瞬間の映像はこちら

「オペレーションはきわめてうまくいきました。1つには、ビルが正しい方向へ倒壊しましたし、また、別の点としてはビルが低い高度で崩れ、完全に爆破されました。取り壊しの騒音と震動いずれも制御範囲内でした」と、取り壊しの専門家であり、西安交通大学の教授であるZhao Fuxing氏が語った。

「ビルからたった7メートルの位置に一軒のバーがあるのですが、全く影響がありませんでした。そのバーには落石の1つすらありませんでした。このオペレーションにはとても満足しています。うまくいきました」とZhao氏は言う。

これは中国で最大の爆破によるビルの取り壊しであり、1.4トンの爆薬が使用された。爆破担当者はその取り壊しによる建設廃棄物が24万平方メートルにわたって拡がり、取り除くのには70日を要すると試算していた。

ハイテク産業開発地域にある、この総床面積3万7000平方メートルのビルは使用されていなかった。廃材が除去されたあとの用地は、複合商業施設として利用される予定である。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。