中国西安で118mの高層ビルが一瞬で消えた

1.4トンの爆薬を使用、中国最大のビル爆破

中国北西部陝西省西安で11月15日午前、高さ118メートルのビルが約13秒で取り壊された。

ビルは27階建であり、計画通り北方へ倒壊し、周辺に設けられた防護ネットは無傷のまま残った。

爆破の瞬間の映像はこちら

「オペレーションはきわめてうまくいきました。1つには、ビルが正しい方向へ倒壊しましたし、また、別の点としてはビルが低い高度で崩れ、完全に爆破されました。取り壊しの騒音と震動いずれも制御範囲内でした」と、取り壊しの専門家であり、西安交通大学の教授であるZhao Fuxing氏が語った。

「ビルからたった7メートルの位置に一軒のバーがあるのですが、全く影響がありませんでした。そのバーには落石の1つすらありませんでした。このオペレーションにはとても満足しています。うまくいきました」とZhao氏は言う。

これは中国で最大の爆破によるビルの取り壊しであり、1.4トンの爆薬が使用された。爆破担当者はその取り壊しによる建設廃棄物が24万平方メートルにわたって拡がり、取り除くのには70日を要すると試算していた。

ハイテク産業開発地域にある、この総床面積3万7000平方メートルのビルは使用されていなかった。廃材が除去されたあとの用地は、複合商業施設として利用される予定である。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT