ミャンマー大統領「平和的に政権移行へ」

アウン・サン・スー・チー氏に祝意

11月11日、ミャンマーのテイン・セイン大統領(写真)と国軍は、総選挙で国民民主連盟(NLD)が過半数の議席を獲得する見通しとなったことを受け、同党のアウン・サン・スー・チー党首に祝意を表した。9月撮影(2015年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[ヤンゴン 11日 ロイター] - ミャンマーのテイン・セイン大統領と国軍は11日、最大野党、国民民主連盟(NLD)が民政移管後初の総選挙で過半数の議席を獲得する見通しとなったことを受け、同党のアウン・サン・スー・チー党首に祝意を表した。

テイン・セイン大統領は、選挙結果を受け入れるとあらためて表明し、スー・チー氏が求める協議に応じる考えを示した。協議の具体的な日程などはまだ決まっていない。

NLDは、これまで確定した下院の改選議席のうち80%超を獲得し、上院の獲得議席でも大きくリードしている。

大統領府は声明で「政府は国民の選択と決定を尊重し、平和的な政権移行に取り組む」とし、選挙後の安定に向けてあらゆる方面と協力すると強調した。

また、国軍もNLDに対して祝意を表する声明を出した。

関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。