アメリカでも「結婚しない世代」が台頭する

結婚するとして、その意味は「愛」だけに?

ここには人種の問題が大きく絡んできます。恋愛の項で明記したように、アメリカで大学以上の学歴を持つ人の8割は白人です。

ミレニアルズの中にも「格差」がある

それをはっきり表しているのがこの数字です。黒人の72%がシングルマザーから生まれ、ラティーノの53%。白人は29%という大きな差があります。

同じくアメリカの婚姻率を引き下げているのもブラックとヒスパニックのマイノリティです。同じミレニアルズと言っても大きな格差が存在しているのです。

これからのアメリカは、移民(特にヒスパニック)とその子どもたちの急増で白人の比率がますます減っていくと予想されていますが、同時に白人とマイノリティとの格差の広がりが大きな問題となっています。

このように多様化し複雑化する格差社会で、果たして将来の結婚は特権化していくのでしょうか? 

6)ミレニアルズの恋愛・結婚観に影響を与える同性婚、異人種間婚、タブーの消滅

人種の多様化に伴う変化と関係しているのが同性婚への意識です。ここ数年、全米で解禁されつつある同性婚を、ミレニアルズの75%が支持しています。これは、全世代の支持率60%に比べてかなり高い数字です。

多人種が共存していくということは、自分と違うライフスタイルを認めリスペクトするということで、同性婚を認めるというのも同じ感覚です。そしてそれは彼ら自身の恋愛、結婚観にも影響を与えているはずです。

一方、異人種間の結婚も増えています。異人種間の結婚は1980年にはわずか6.7%だったのに対し、2010年には15%にまで倍増。異人種間の結婚に対するタブー意識も減りつつあることがわかります。

こうした変化に伴い、ミレニアルズの恋愛観、結婚観は刻々と変化している真っ最中と言っていいかもしれません。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT