「感情的な配偶者」はあなたの寿命を縮める

予想のつかない関係は刺激的というより危険

パートナーに対して温かい気持ちと否定的な気持ちを持ち合わせる人は、相手にストレスを与えやすい?(写真:Syda Productions/PIXTA)

どんな夫婦も時には仲がよく、時には仲が悪いものだ。だが中には、常にパートナーに対して温かい気持ちと否定的な気持ちの両方を併せ持つ夫婦がいる。こうした「両面的」な感情を持つ関係は、必ずしも最悪ではないが、それほどよいわけでもない。

新たな研究によれば、夫婦関係がこのように両面的であると、つまりパートナーに優しくされるのか冷たくされるのか予測がつかないと、健康面で大きな打撃を受けるという。

結婚生活の「質」が問題?

この研究結果は、10月にブリガム・ヤング大学の研究者が発表したものだ。この研究を含め、「結婚効果」について解析しようとする動きが増えている。ここで言う結婚効果とは、既婚者は未婚者よりもずっと健康で長寿であるという概念だ。こうした健康への影響について研究者らはさらに詳しく掘り下げるようになっており、具体的には、健康面での効果を得るには単に結婚すればいいのか、あるいは結婚の質が影響するのかなどを解明しようとしている。たとえば優しさや温かさ、冷たさや命令的な行動などが影響するのか、ということだ。

今回の研究を率いたウェンディ・C・バーミンガムは言う。「残念ながら、結婚の効果に関する研究の多くが、夫婦の関係を一次元的な尺度で考えている。幸せか、それとも幸せでないか。力になってくれるか、くれないか、といった具合だ。しかし、すべての関係が一次元的だとは限らない」。

次ページ異性同士の夫婦を対象にした研究によると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。