「感情的な配偶者」はあなたの寿命を縮める

予想のつかない関係は刺激的というより危険

パートナーに対して温かい気持ちと否定的な気持ちを持ち合わせる人は、相手にストレスを与えやすい?(写真:Syda Productions/PIXTA)

どんな夫婦も時には仲がよく、時には仲が悪いものだ。だが中には、常にパートナーに対して温かい気持ちと否定的な気持ちの両方を併せ持つ夫婦がいる。こうした「両面的」な感情を持つ関係は、必ずしも最悪ではないが、それほどよいわけでもない。

新たな研究によれば、夫婦関係がこのように両面的であると、つまりパートナーに優しくされるのか冷たくされるのか予測がつかないと、健康面で大きな打撃を受けるという。

結婚生活の「質」が問題?

この研究結果は、10月にブリガム・ヤング大学の研究者が発表したものだ。この研究を含め、「結婚効果」について解析しようとする動きが増えている。ここで言う結婚効果とは、既婚者は未婚者よりもずっと健康で長寿であるという概念だ。こうした健康への影響について研究者らはさらに詳しく掘り下げるようになっており、具体的には、健康面での効果を得るには単に結婚すればいいのか、あるいは結婚の質が影響するのかなどを解明しようとしている。たとえば優しさや温かさ、冷たさや命令的な行動などが影響するのか、ということだ。

今回の研究を率いたウェンディ・C・バーミンガムは言う。「残念ながら、結婚の効果に関する研究の多くが、夫婦の関係を一次元的な尺度で考えている。幸せか、それとも幸せでないか。力になってくれるか、くれないか、といった具合だ。しかし、すべての関係が一次元的だとは限らない」。

次ページ異性同士の夫婦を対象にした研究によると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT