ガソリン原価の実態、不当廉売容疑で30年ぶりの立ち入り検査


二つ目は分社化。ミタニは過去1~2年で各SSの分社化を進めてきた。「分社化を機にSSの管理部門の人件費を抑えるなどして販管費を圧縮。仕入れ原価を抑える狙いがあったのかもしれない」(中澤氏)。

三谷商事は本誌の取材に対し、「情報がいっさいない」と答えるのみ。公取委は「事件化した以上、個別の質問には答えられない」と話す。

ガソリンの国内需要は長期低迷しており、元売り・精製会社の過剰供給能力が今回の件の根底にはある。これが解決されなければ、過激な価格競争は続き、仕入れ原価は一段と複雑になるかもしれない。

三谷商事の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(山田雄一郎 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年5月12日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT