ガソリン原価の実態、不当廉売容疑で30年ぶりの立ち入り検査

拡大
縮小


二つ目は分社化。ミタニは過去1~2年で各SSの分社化を進めてきた。「分社化を機にSSの管理部門の人件費を抑えるなどして販管費を圧縮。仕入れ原価を抑える狙いがあったのかもしれない」(中澤氏)。

三谷商事は本誌の取材に対し、「情報がいっさいない」と答えるのみ。公取委は「事件化した以上、個別の質問には答えられない」と話す。

ガソリンの国内需要は長期低迷しており、元売り・精製会社の過剰供給能力が今回の件の根底にはある。これが解決されなければ、過激な価格競争は続き、仕入れ原価は一段と複雑になるかもしれない。

三谷商事の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(山田雄一郎 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年5月12日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT