楽天・ヤフーはなぜ敗れた?

激変する中国オンラインショッピング市場

2011年の中国におけるオンラインショッピング(EC)市場規模は約6300億元(約7.5兆円)だった。日本のEC市場規模は10年度で7.8兆円(矢野経済研究所)なので、日中のEC市場規模は近い。

とはいえ、人口減少・高齢化を迎える日本市場に対して、伸び盛りの中国市場。そこに夢を抱き、日本のネットサービスの雄、Yahoo!Japan(ヤフー)は、中国最大のECサイト「淘宝网(淘宝網、TAOBAO、タオバオ)」と提携し、日本で淘宝网の商品が買える「Yahoo!チャイナモール」を、中国でヤフーショッピングの商品が買える「淘日本」を、それぞれ立ち上げた。

日本ECのトップブランド、楽天もまた、中国検索サイトの雄「百度(Baidu、バイドゥ)」と提携し、中国で日本の楽天の商品も取り寄せられるショッピングサイト「乐酷天(楽酷天)」を立ち上げた。それぞれヤフーは10年6月、楽天は10月の話である。

ところが今年に入って「Yahoo!チャイナモール」も「淘日本」も、そして「乐酷天」も終了することが発表された。Yahoo!Japan、楽天、アリババグループの淘宝网、百度といった日中両国を代表するネット企業による日中の合弁ECビジネスは、2年と経たずして敗退に追い込まれてしまった。

 


■乐酷天の開始を発表する楽天・三木谷会長、10年10月

 

 

 

■Yahoo!チャイナモール、淘日本で記者会見するヤフー・井上社長(右端、当時)、ソフトバンク・孫社長(右から2人目)ら、10年6月

 


C2CからB2Cにウエイトが移る中国市場

中国のECの基礎知識を簡単に紹介しよう。EC市場を俯瞰する際には、中国では、日本以上に「C2CかB2Cか」が重要になる。

淘宝网を代表とするC2Cは、日本でいえばヤフーオークションのような個人対個人の取引のこと。一方、B2Cは、楽天市場やAmazonのような企業対個人の取引を意味する。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。