楽天・ヤフーはなぜ敗れた?

激変する中国オンラインショッピング市場

2011年の中国におけるオンラインショッピング(EC)市場規模は約6300億元(約7.5兆円)だった。日本のEC市場規模は10年度で7.8兆円(矢野経済研究所)なので、日中のEC市場規模は近い。

とはいえ、人口減少・高齢化を迎える日本市場に対して、伸び盛りの中国市場。そこに夢を抱き、日本のネットサービスの雄、Yahoo!Japan(ヤフー)は、中国最大のECサイト「淘宝网(淘宝網、TAOBAO、タオバオ)」と提携し、日本で淘宝网の商品が買える「Yahoo!チャイナモール」を、中国でヤフーショッピングの商品が買える「淘日本」を、それぞれ立ち上げた。

日本ECのトップブランド、楽天もまた、中国検索サイトの雄「百度(Baidu、バイドゥ)」と提携し、中国で日本の楽天の商品も取り寄せられるショッピングサイト「乐酷天(楽酷天)」を立ち上げた。それぞれヤフーは10年6月、楽天は10月の話である。

ところが今年に入って「Yahoo!チャイナモール」も「淘日本」も、そして「乐酷天」も終了することが発表された。Yahoo!Japan、楽天、アリババグループの淘宝网、百度といった日中両国を代表するネット企業による日中の合弁ECビジネスは、2年と経たずして敗退に追い込まれてしまった。

 


■乐酷天の開始を発表する楽天・三木谷会長、10年10月

 

 

 

■Yahoo!チャイナモール、淘日本で記者会見するヤフー・井上社長(右端、当時)、ソフトバンク・孫社長(右から2人目)ら、10年6月

 


C2CからB2Cにウエイトが移る中国市場

中国のECの基礎知識を簡単に紹介しよう。EC市場を俯瞰する際には、中国では、日本以上に「C2CかB2Cか」が重要になる。

淘宝网を代表とするC2Cは、日本でいえばヤフーオークションのような個人対個人の取引のこと。一方、B2Cは、楽天市場やAmazonのような企業対個人の取引を意味する。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT