人事担当者のキャリア観《2》--人事戦略・教育研修に関心

 

●次に担当したい人事業務は「人事戦略」と「教育・研修」

 前回に報告したように、今回のアンケート対象者が就いている人事業務は、「新卒採用」が最も多く77%、続いて「教育・研修」71%、「中途採用」が70%だ。

ところが「次に担当したい人事業務」について問うたところ、「新卒採用」と「中途採用」の人気は低い。特に「中途採用」の人気はなく、数%にすぎない。「新卒採用」も十数%にとどまっている。

最も人気のあるのは「人事戦略」だ。どの企業規模でも30%台と高い。続いて多いのは「教育・研修」の20%前後だ。「海外人事」については「1~300名」の企業では7%にすぎないが、「301~1000名」と「1~300名」では10%台だ。こちらは前述したように、その業務自体がまだない企業も多く、他と同等に見るわけにはいかないだろう。

一人も支持しなかったのは「契約・派遣・アルバイト採用」で0だ。「福利厚生」と「中途採用」は全体平均で3%。「労務」は6%、「人事管理」は7%。オペレーション業務の人気が低いことがわかる。

図表6:人事部門内で次に担当したい業務
[+]画像拡大

HR総合調査研究所(HRプロ株式会社)
(本社:東京千代田区、所長:寺澤康介)
人事のプロを支援するポータルサイト「HRプロ」を運営するHRプロ内の調査・研究部門。企業・団体のHR(人事)領域に関する調査、研究を行う。外部の調査機関による調査研究結果も紹介するなど、「開かれた研究所」を志向する。「HRプロ」内に、新卒/中途採用、教育・研修、労務、人事戦略などの業務に役立つ調査レポートを掲載している。

 

写真はイメージです。本文とは関係ありません

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。