人事担当者のキャリア観《2》--人事戦略・教育研修に関心

 

●重要な能力の1位と2位は「コミュニケーション力」と「社内人脈」

 人事部の業務に必要な能力を問うたところ、1位は「コミュニケーション能力」で、93%と圧倒的だ。2位は「社内人脈」で72%。社内の人間関係で動くことが多いようだ。続いて「企画・戦略立案力」64%、「専門知識の高さ」62%、「情報感度」61%と続く。

意外なほど低いのは「語学力」8%だ。語学力が必要になる日本企業は多いはずだが、人事自体のグローバル化は進んでいないようだ。「ダイバーシティへの理解」も25%にとどまっている。「リーダーシップ」は32%と低めだが、他部署に比べ調整の色彩が強いからだろう。後述するように、「管理」部門としての意識が強いといえる。

図表2:人事部の業務で重要な能力・スキル
[+]画像拡大

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング