カリスマ投資家、ゆうちょ銀行株で大誤算

5000株申し込んで800株の割り当てに

売上高は340億円予想から316.78億円と下方修正となったが、純利益は3億5000万円から12億9600万円と大幅上方修正。1株当たり純利益は10.51円から38.75円。通期予想については10月27日に発表するそうだ。松井証券とSBI証券で日本郵政を各300株申し込む。日経平均は75円高の1万8207円と小反発。

[10月21日(水)] 昨日、純利益の上方修正を発表したスクロールがまさかの売り気配スタート。36円安の535円で寄り付く。終値は29円安の542円。昨日まで9日続伸していただけに、業績の上方修正は織り込み済みだったようだ。日経平均は347円高の1万8554円と続伸。なかなか抜けなかった1万8400円を上抜いてきた。

申し込み中の郵政株を1000株に増やす

[10月22日(木)] 午前3時、日経225先物は40円安の1万8500円。NYダウは48ドル安の1万7168ドル。日経平均は118円安の1万8435円と反落。

[10月23日(金)] 午前3時、日経225先物は360円高の1万8810円。NYダウは320ドル高の1万7489ドルと2カ月ぶり高値。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が、12月の追加緩和の可能性を示唆。利下げを含め「あらゆる手段」を検討と報道。

相場があまりにも堅調なので、野村證券で申し込んでいた日本郵政株を500株から1000株に増やす。申込みは本日11時まで。スクロールは32円安の504円と3日続落。日経平均は389円高の1万8825円と大幅高。中国人民銀行は0.25%利下げを発表。19日に発表したGDPが7%を切ってきたので、その対策なのかな。20時41分、日経225先物が200円高の1万9000円と1万9000円台回復。

[10月24日(土)] 午前3時、日経225先物は320円高の1万9120円、NYダウは157ドル高の1万7646ドルと3カ月ぶり高値。週間では430ドル上昇し、週足は4週連続陽線。1ドル121.46円、1ユーロ133.82円。今年も早いものであと2カ月。経済指標がさほど良くないにもかかわらず、緩和期待で予想外に堅調な10月相場、このまま年末までいきそうな感じだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT