原発建設ラッシュの中国、地元から広がる反対の狼煙

長江の岸辺に住む黄春梅さんの家は、玄関を開けるとすぐ目に飛び込んでくるのは、対岸にある建設中の彭沢原子力発電所だ。幅3・2キロメートルの長江を隔てても、原発がハッキリと見える。

「あまりにも近い。時限爆弾が目の前にあるようなものだ。いつ爆発するのか恐ろしい」。黄さんがそう感じ始めたのは、日本で昨年3月11日に起きた東京電力の福島第一原発事故からだ。

昨年3月14日、安徽省安慶市望江県磨盤村の人たちは、テレビのニュース画面にくぎ付けになった。日本の福島第一原発の建屋が、水蒸気爆発した映像が流れたからだ。

その後、中国では放射線予防に塩が効くとのうわさが広がり、塩の買いだめ騒動が起こった。ここ磨盤村でも塩の購入に殺到する村人が出たが、黄さんやその隣人たちにとって、塩の購入だけでは安心できない。目の前にそびえ立つ原発に日々、恐怖を募らせているからだ。

福島第一原発事故以降、磨盤村の様子は一変した。メディアの取材がここ1カ月で急増している。彼らは黄さんたちの「恐怖」をかぎつけたのだ。

地元自治体も同様に脚光を浴び始めた。「中央政府から地方自治体まで、私たち自治体を非常に大事にしてくれる」と、望江県の汪進舟副書記は話す。

長江沿いに原発22基 訴訟も辞さない反対派

しかし、そもそも原発の建設に際しての事前調査は、ウソのデータで固められているという。域内の人口数、地震の有無、工業団地までの距離、民意を問うアンケートの回答、原発の安全性など、すべてにウソが隠されているというのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。