浜田宏が「アルヒ」でやろうとしていること

「グーグルよりも働きやすい会社を目指す」

――ところで60歳になったときの姿をどう描いていますか。

今56歳ですが、まったく描いていません。歳を取れば取るほど、人生設計がどうでもよくなってきた。今日と明日しか考えていないですね。ただ、会社の姿という形でいえば近いうちに上場して私の後継者が育ち、私が実務を離れても私のとき以上に成長する仕組みに持って行きたいですね。

――これまでの経営者として経験を振り返ってみると、浜田氏が育てた後継者に、直接バトンを渡したことがないですね。

育てた人が社長にはなっているのですが、タイミングとしては、自分の2代下で社長になったり別の会社で社長になったりといった人ばかりですね。今度は、しっかりと後継者を育成して直接バトンを渡したいですね。

「前向きに取り組める仕事」がいちばん幸せ

――若いビジネスマンに対して、なにかアドバイスはありますか。

大企業のサラリーマンや役員もやったし、外資系企業の社長や小さな起業もやりましたが、私は産業界のなかでは変わり者で、メインストリームではありません。ですから、アドバイスできるようなものはないのですが、どんな仕事でも、頑張って前向きに取り組める仕事であれば、それがいちばん幸せだと思います。大手上場企業で一生を終えるのもいいし、一方で起業をするというのでもいい。

今は、グローバル人材になれないと負け犬だとか起業しないと度胸がないとか言われるが、そんなのはどうでもいい。自分にあった好きなことをやれ、多様な生き方をしてほしいと言いたい。私がいろいろ経験した結果、辿りついた大切なことは、楽しく生き生きとしている人生であること。楽しく生き生きしていると、周りの人もハッピーになる。そんな人生を目指してほしいですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。