太平洋セメントが利益重視姿勢を鮮明に《オール投資・注目の会社》

また、好採算の廃棄物処理など環境事業を強化している。震災以降、セメントを焼結する原燃料として、震災がれきを一部引き取っている。火力発電所が排出する石炭灰も原発事故後に量が増え、意欲的に引き受けている。同社は設備増強により、需要増に対応する方針だ。

全社プロジェクトとして、福島県を中心とする原発事故処理の関連事業にも展開を広げる。放射性物質に汚染された土壌の除去・運搬や、貯蔵施設の遮断用として有効なコンクリート製品の拡販などに注力。全国の沿岸自治体で大津波の襲来に備えた防災・減災計画見直しが具体化することも、追い風となろう。

中国やベトナムなど海外事業も拡大を図っている。こういった積極策の相乗効果が首尾良く発現すれば、来期以降は一段成長を描くかもしれない。中長期的には、01年3月期以来の年商1兆円到達も視界に入るだろう。

太平洋セメントの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(古庄英一 =オール投資2012年4月1日号)

記事はオール投資執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。