テレビとネットはどこまで仲良くできるのか

東京発「世界同時ライブ」番組の勝算

YouTube Liveのライブ配信を見た海外のネットユーザーからのリアクションや質問は、テレビの生放送で紹介。日本の視聴者と海外の人々を「東京」をテーマにテレビとネットで結び、リアルタイムでの交流を生んでいくことなども狙いとしている。

そして、この企画にANA(全日本空輸)がスポンサーとして協力してくれることになった。ANAは羽田空港や成田空港を軸とした国際線の展開を強化しており、海外の人々にみずからのブランドを訴える機会ととらえてくれたようだ。実はこのアイデアの実現は厳しいと思っていた筆者自身が驚いている。

異業種の言葉が飛び交う不思議な会議 

通常テレビ番組の打ち合わせは、制作スタッフや放送作家などだけで行われるが、『東京EXTRA』の会議にはグーグル、CM制作会社、広告代理店、外国人コーディネーターなど多様な職種の人が参加している。

TBSテレビ『東京EXTRA』は10月18日(日)深夜24時50分スタート。テレビMCは渡部建(アンジャッシュ、写真左)、河北麻衣子(中央)、足立梨花の3人が務める

業界が違う者同士の集まりなので、会議中は互いに馴染みのない言葉が飛び交う。時々、「それってどういう意味?」と聞かないとついていけないほどだ。それでもなんとか和やかに会議を進めることができている。わからないことは素直に質問し、困っていることは助け合う。当たり前に聞こえるかもしれないが、テレビ業界とネット業界の間ではこれが意外に難しい。

『東京EXTRA』の根底には、筆者自身が抱えるテレビメディアの未来についての悩みがある。以前、仲間のプロデューサーが某大手ネット企業と打ち合わせした後、憤慨して会社に戻ってきた。番組とサイトのコラボでの相互PRの提案だったのだが、「あいつら勝手なことばかり言ってくる!」「全然テレビのことわかってない!」というのだ。

筆者はそのプロデューサーにこう言った。

「相手の側もこっちと同じこと言っているんじゃないか?」

50年以上続いているテレビ業界は毎日毎日映像コンテンツを制作することでノウハウを蓄積してきた。ただ、同じテレビ業界内だけでの競争だけしかしてこなかったため、他メディア・他業種との共同作業に慣れてない。さらに、一部のテレビ業界の人間は「上から目線」で他業種の人へ発言をしてしまう。

次ページテレビ人の「上から目線」は通用する?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング