シャープもトップ交代 “大穴”次期社長の手腕

海外経験が決め手に

壊滅的な状況の中でたすきを渡された奥田氏だが、執行役員からの抜擢に「当初驚きで言葉を失った」(奥田氏)。確かにエースと目されてきた片山社長と比べれば、注目度は決して高くはなかった。

サプライズ人事の背景には、国内事業が崩壊する中、海外事業拡大が急務になっていることがある。片山社長は「当社が得意としていた携帯電話もスマートフォン時代になり、外資系に攻め込まれている。世界的に戦える仕組みを作らないと生き残れない」と危機感をあらわにする。

奥田氏はマレーシア法人の事業責任者を経て、AVシステム事業統括に就任。液晶テレビの海外開拓を担うなど、「彼以上に海外の第一線で経験を積んだ人物は見当たらない」(片山社長)。

奥田氏も「液晶や太陽電池、プラズマクラスターなどはもっと幅広い応用が利くはず。社員の創意を生かせば新たな市場が切り開ける」と、海外市場開拓に意欲を見せる。

ただ会社再建には海外拡大のみならず、抜本的な事業再構築が必須だ。5月までには奥田新社長の下で新たな経営戦略が発表される見通しだが、はたして再建の道筋が描けるのか手腕が試される。

シャープの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(西澤佑介 撮影:ヒラオカスタジオ =週刊東洋経済2012年3月24日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT